治療以外で歯科に通う必要ってなんだろう?その意味を探る!

虫歯は放置してはいけない

歯医者に行くのが怖いなどという理由で、虫歯ができても放置する人がいます。しかし、虫歯は自然に治ることはありません。治療せずに放置してしまうと、最終的に歯を失うことになってしまいます。

歯を失ってしまった時の治療法

  • 入れ歯
  • インプラント
  • ブリッジ
  • 自家歯牙移植

治療以外で歯科に通う必要ってなんだろう?その意味を探る!

医療器具

定期検診で早期発見できる

早い段階で虫歯を見つけることができれば、歯を削らずに治療ができるので、痛い思いをしなくてすみます。通院も少なくてすむでしょう。そのために、定期的に野田市にある歯科で歯をチェックしてもらうべきです。

口元

虫歯の原因を知って対策を取ろう

虫歯が出来ないようにするには、まずは原因を知る必要があります。原因を知らないままでは、知らず知らずのうちに虫歯になるのを助長することになるでしょう。

虫歯が出来てしまう原因

治療

間食が多い

虫歯菌は食事の度に酸を出し、酸を出す回数やスピードが増すほど虫歯に繋がってしまいます。間食を減らし、飲み物も砂糖が入っていないものを選ぶようにしましょう。

唾液の量が少ない

虫歯菌の出す酸を中和したり、再石灰化したりするためには、唾液は欠かせない存在です。しかし、量が減ってしまうとそれができません。食後にキシリトールガムを噛んだり、唾液腺マッサージを行って量を増やしましょう。

詰め物の隙間から虫歯になる

プラスチックや金属を使って虫歯治療を行った場合、4~5年経つと劣化してしまうため、隙間から虫歯になってしまいます。歯を削った場合は、ずっとやり替える必要があるため、セラミックでやり替えを少なくするといいですね。

きちんと歯が磨けていない

歯磨きがきちんとできていないと、歯垢が残ってしまい虫歯になるのです。自分の歯磨きの癖を知るために、市販されている歯垢染め出し液を使ってチェックしてみるといいでしょう。また、デンタルフロスも活用するべきです。

虫歯菌が多い

もともと虫歯菌が多い人の場合、出される酸の量も多いため虫歯になりやすいでしょう。親から感染することもあるので、子供が小さいうちは同じスプーンを使うのは止めた方がいいですね。

広告募集中