綺麗な歯でイメージアップ【審美歯科で歯の美しさを追求する】

審美歯科と普通の歯医者はどう違う

普通の歯医者さんの場合、歯の治療を行いますが、美しさは求めていないことがほとんどです。一方、審美歯科の場合は機能面だけでなく美容面にも注目して治療を行います。

審美歯科で行う治療

  • 矯正治療
  • 歯の欠けや割れの修復
  • 黄ばみ改善
  • 黒ずみ改善

綺麗な歯でイメージアップ【審美歯科で歯の美しさを追求する】

治療

審美歯科での治療は自己負担

審美歯科で治療を行う場合、自由診療となるため基本的には医療費控除の対象から外れます。そのため、治療を受ける際にはそのことも含め、検討する必要があります。

治療器具

歯の健康を守るためにはクリーニングが大切

歯垢や歯石があるままだと、虫歯や歯周病になってしまうため、綺麗に歯を磨かなくてはいけません。自分で取り除けない場合や、歯の表面の汚れがひどい場合は、歯医者でクリーニングをしてもらうといいでしょう。

歯科医

オールセラミックに注目

飯田橋の歯科で取り入れているオールセラミックは、全て陶器(セラミック)で出来ていて、金属が一切使われていない詰め物や被せ物のことです。金属アレルギーの人でも安心して使うことができ、元の歯に近い色味で作ることも可能です。

オールセラミック治療の種類3選

診察券

オールセラミッククラウン

被せ物のことをクラウンというのですが、オールセラミックは土台であるフレームと表面の両方がセラミック製のものを指します。フレームが金属でできたものに比べ、光の透過性が高く、歯の根元も黒ずみません。

オールセラミックインレー

詰め物の中でも、セラミックのみで作られているものを指します。金属やレジンで作られたものだと、変色したり、他の歯と色味が異なったりすることがあります。しかし、セラミックインレーなら変色しづらく、自然な見た目になるのです。

オールセラミックブリッジ

歯周病などで歯を失ったとき、複数の歯を繋げた状態の被せ物(ブリッジ)をします。フレーム、表面ともにセラミックでできているため、自然な色味になるので、見た目の心配はいりません。

広告募集中